パリのクリスマス!シャンゼリゼ通り&パッサージュでのショップ情報を解説

11月中旬頃からヨーロッパ各地で、クリスマスマーケットやイルミネーションがスタートします。

ヨーロッパの街々が一番輝くシーズン。

そんな中でもパリの街は、お店のショーウィンド、街灯や並木道までクリスマス気分一色!

 

光輝くシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケット

 

パリのシャンゼリゼ通りはパリのメイン通り♪

 

2017年のシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットは、諸事情により中止となってしまいました。

しかし、例年は11月頃からクリスマスマーケットが開催され、多くのお店が出店しています。

 

旅のスペシャリスト
ちなみに2017年はパリ中心から離れた、ラデファンス(La défense)という駅で開催されました。
クリスマスの雰囲気はパリ全体で味わいたいですよね。
やはり、今年はシャンゼリゼ通りで開催してほしいです ♪

 

何度もパリを訪れている私。

実は、クリスマスの時期に訪れたことはこの時が初めてで、はりきってマーケットめぐりをしました!

様々なスパイスの香りや芳しいホットワインの香り。

 

実は、日本でもクリスマスマーケットが北海道のほうでは開催されているって知ってましたか?

「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」として札幌で開催されていますが、さすがに規模が大違い!

ここでしか買えないものも多く、蚤の市と同様テンションUPです!!!

 

彩り華やかなお店の数々

 

いざ出陣!

ご覧ください!

色鮮やかなクリスマスグッズの数々。あれも欲しい。これもいいな~。これはお土産に。

お菓子も売ってありますよ~
綺麗な色のお菓子だけど・・・買うのは勇気が必要な色味だったり(笑)チョコもあったり

シャンゼリゼ通り

童心にかえるってまさにこのことです。

 

ロマンチックな夜のシャンゼリゼ通り。

この時期にしか味わえませんので、クリスマスシーズンにもお出掛けされてみてくださいね♪

 

パッサージュを彩るクリスマスグッズ

 

つづいては、クリスマスグッズはシャンゼリゼ通り以外の街中のショップも必見です♪

その際に訪れてほしいのが、パッサージュ。

「パッサージュ」とはガラス屋根で覆われたアーケード街のことで、

パリで最初のパッサージュが誕生したのは18世紀末と言われています。

パッサージュ

 

 

この写真すごいと思いませんか?(>。<)

ここまでのクリスマスグッズは今までみたことはありません。

クリスマスグッズ

 

オモチャ箱をひっくり返したみたい。なんて言葉がありますが
オモチャ箱そのもの。

幼少の頃にみた絵本の世界そのもので
その中に自分がいるような錯覚がおきてしまうほどでした。

いい歳した夫婦が両手いっぱいにかかえたグッズを

レジにもっていったのは言うまでもありません♪

帰国の際、キャリーケースの中はクリスマスグッズでいっぱいでした。

 

旅のスペシャリスト
わぁああ!私も、クリスマスオーナメントが欲しくなってきた!
今年の冬に行ってこようっと ♪

 

注意点

混雑するクリスマスマーケットはいつも以上にスリに気を付けてください。

残念なことにメイドインチャイナの物も販売されいます。
おそらくヨーロッパ製のグッズを購入したいと皆さん思うはずです。

そのためタグの表記には目を通してみてください。
(私は数点タグをみずに購入し失敗しました。
帰国後、中国製品の同じ製品がはるかに安く販売されておりショックでした。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です