2泊3日で冬の沖縄を攻略!初心者にお勧めの大満足の最強コースを紹介!

実は狙い目!冬の沖縄

 

1月に母と冬の沖縄本島を満喫してきました。

夏の沖縄の方が楽しめるんだろうな~と思いつつも暑さに弱い親子・・・

沖縄は一番気温の低い冬の2月でも平均気温が17℃近くで、

本土よりも温暖な気候で過ごしやすい時期との情報が・・

天気予報をみると冬でも寒くはないし、心地よさそうな気がして、

フリーツアーで申し込み福岡空港ー那覇空港のフライトでいざ沖縄、那覇へ。

沖縄満喫スケジュール 1日目

福岡空港からはあっという間に着きます。
旅行好きの家族なのですが、私と母、初沖縄です。

まずは那覇空港に到着して、

ツアー会社手配のレンタカー会社さんのバスに乗り、車が待つ某所へ移動。

契約手続きを済ませてさあ出発。

 

☆ 2泊3日で詰め込んだ大まかなスケジュール

  1. 日目 沖縄到着⇒おきなわワールド⇒首里城⇒国際どおり
  2. 日目 ホエールウォッチング
  3. 日目 沖縄美ら水族館

 

おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の自然と文化、歴史が体感できる
県内最大級5万4千坪(東京ドーム4個分)の観光テーマパーク。

  • 国・登録有形文化財「琉球王国城下町」
  • 全長は5000メートルで国内最大級の天然記念物「玉泉洞」
  • 南都酒造所
  • 琉球ガラス王国工房
  • ハブ博物公園
  • お菓子工房が併設された「おみやげ専門店街」
  • 世界中のシーサーが収蔵された「王国歴史博物館」
  • 100種類の熱帯果樹が広がる・熱帯フルーツ園
  • ウージ染めを販売する「サトウキビ館」

など、沖縄を楽しめるイベントや施設が盛りだくさんのテーマパークです ♪

那覇空港で近くの店舗でレンタカーを借りておきなわワールドへ。

初日に予定を詰め込みすぎて、こちらでの所要時間は約2時間!

おきなわワールド

なんとなく簡単にさらっとみてまわればいっか♪ぐらいの気持ちだったのですが・・

想像以上に国内最大級の天然記念物「玉泉洞」の鍾乳洞が長くてびっくり!

パンフレットによると、全長は5000メートル(現在890メートルを公開中)

事前調査なくはいってしまいましたが、出口までひんやりした世界を母と2人ひたすら歩き続けました。

その道に大小様々な鍾乳石が所狭しと林立する景観は圧巻の迫力でした!

 

ただここではとても残念に思えたことがあって、アジア人の写真をどこでも撮るモラルのなさが世界どこへ行っても目にあまります。

中国の団体さんたちがわいわいと楽しそうにされていることはいいのですが、道に渋滞ができて進めないこともしばしば。

 

大学生・りょう君
日本に来ている以上、マナーはきちんと守って欲しいよね!

逆に、自分たちが海外に行ったときも失礼が無いようにしようっと。

 

その後は、ハブ博物公園でハブやコブラ、マングースのショーを見て次の目的地へ。

 

旅のスペシャリスト
『琉球ガラス王国工房』では、戦後、アメリカ人によって持ち込まれたコーラの空き瓶などの再利用としてスタート沖縄ガラスの製作体験もできます。

また、『おみやげ専門店街』は沖縄最大級で、大人気のまるごとパインカステラやマンゴーケーキ、パパイヤサーターアンダギーなどここにしかないお土産も見つかりそうです ♪

 

首里城

続いては首里城に到着。少し離れた駐車場に車をとめて、歩きます。

到着!

その姿は、中国と日本をミックスさせた琉球建築で、色鮮やかな朱色が印象的でした。

首里城は14世紀末から約450年間も繁栄した琉球王朝の王城で、沖縄県内で最も大きな城。

しかし、1945年の沖縄戦にて4回目の焼失を経験。

現在目にしている正殿は3度目の焼失後に再建された姿を基に作られたものだとのこと。

 

なるほど、、とてもきれいな訳ですね

世界遺産ですから確かに素晴らしいけど
しいて言うなら新しすぎて違和感があるというか。 ( ゚ ▽ ゚ 😉

国際通り

国際通りは食事をいただきに行きました。

沖縄そばと沖縄の炊き込みご飯ジューシー。

そして苦手なゴーヤチャンプルも!

苦手なくせになぜ頼んだかというと、沖縄の友達が沖縄で食べてみて!

美味しいからといつも言われていたので、本当?と疑いつつも・・・

 

なんと!!!美味しいではありませんか。

苦いから嫌い!と言い張っていましたは、まったく苦味がなくて美味しいんです!

 

私や母が今まで口にしたあのゴーヤチャンプルはいったいなんだったんだろう・・・

と2人でひそひそ話したのはいうまでもありません。

 

旅のスペシャリスト
実は、沖縄のゴーヤーチャンプルーが苦くないのは、ゴーヤーの種類が違うからなんです。

沖縄のゴーヤ太くて、品種改良されて種類があり苦味が少ないのが特徴なんです。

特に九州のゴーヤーは細くて本土の中でも苦い部類。苦いわけですよね。

 

沖縄満喫スケジュール 2日目

 

2日目は午前中ホテルでゆとりをもって過ごしてからホエールウォッチングへ。

シベリア海域に生息しているザトウクジラは、12月下旬~4月上旬の冬場、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。

ホエールウォッチング

見てのとおり、天気は不良。この日は小雨からスタート。

雨が降っているのに大丈夫なのかな?と同行する皆さんとヒソヒソ。。。

 

それでも船に乗り出船前には、ガイドさんから笑顔を求められ写真を撮影してもいましたが、案の定、海にでて大荒れで、私以外の皆さんは船酔いでダウン。ヾ(。 ̄□ ̄)ツ

 

しかし、ガイドさんいわく、沖縄の冬の海はこれぐらい荒れることもあるそうです・・・

 

なかなかクジラにあうことは出来ず、お客さん数人も「もう怖いので引き返して下さい」とガイドさんに嘆願。

 

私たち以外のホエールウオッチング船は荒波の危険を察知し陸に戻っていく中、

 

ガイドさんが一言

「もう少し粘らせてください・・・!」

恐怖の荒波・船酔いツアーが継続決行です。 (ノ´▽`)ノ

 

船に揺られ数時間後、ようやくみつかったらしいクジラは

 

小さく

 

一瞬で

 

船酔いダウンのためそのクジラをみれたのは2、3人だったと思います。

ホエールウオッチングのHPに掲載されていた、快晴の穏やかな海の上で、撮影された数々の笑顔の写真はなんだったのか・・

今回、私たちのグループはもう二度と・・・と言う方しかいませんでした(^^;)

旅のスペシャリスト
沖縄のツアー会社によると、鯨との遭遇率は98%もあるそうです。

これも、遭遇したことに含まれるんでしょうか・・

沖縄満喫スケジュール 3日目

 

3日目は「美ら海(チュらうみ)水族館」

「チュらうみ」とは沖縄弁で「清[きよ]ら(しい)海」という意味。

 

ちゅら海水族館は宿泊ホテル「ホテル日航アリビラ」からまっすぐ向かいました。

 

2泊3日の沖縄旅行のレンタカー運転は母は助手席、私が運転手。

 

3日目になると、運転疲れもあり目的地が遠く感じ、疲れがでてきました。

 

疲れたら途中で海で貝殻を拾いながら・・・

 

水族館に到着!

 

ジンベイザメやマンタが回遊してくるその迫力に大興奮。

一方で、こんな魚をずーっと見つめていたり・・笑

ちゅらうみ2

みなさんの、楽しみ方を見つけてみてください ♪

旅のスペシャリスト
沖縄ローソンや、道の駅「道の駅許田やんばる物産センター」などでクーポンが発行されているようです。
今回の沖縄旅行で感じたこと。

沖縄はレンタカーばかり走っています。長距離移動になることが予想されます
冬でも日焼け止めは忘れず
ホエールウオッチングは寒いので防寒と船酔い防止のため酔い止め薬を
また海が荒れることも予想されますので洋服やカメラが濡れることも覚悟して下さい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です