【外国人向け】2018年 焼き物の里・有田町で絶対外せないイベント&観光スポット!

 

有田町ってどんなところ?

有田町(ありたちょう)は、佐賀県の西部に位置する町です。

有田焼で有名な焼き物の里で、日本磁器発祥の地として400年の歴史を持っています。

この有田焼、実は朝鮮人によって始められたのはご存知でしょうか。

実は、有田町は磁器発祥の地なんです!

17世紀の始め頃、朝鮮人陶工・李参平らによって泉山ということろで陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれました。

有田には数多くの窯元があり、この街並みは1991年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

 

旅のスペシャリスト
りょう君、『有田の三右衛門』って知ってる?
大学生・りょう君
んー・・・えもん・・えもん・・柿右衛門?!
旅のスペシャリスト
正解 ♪ 日本を代表する焼き物の巨匠で『有田の三右衛門』と呼ばれる「酒井田柿右衛門」さん「今泉今右衛門」さん「源右衛門」さんといった、有名な方々が住んでおられます。

 

絶対外せない有田町のイベント

 

有田町を語る上で外せないのは、なんと言っても、毎年ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」!

町内4kmのメイン通りに約500の店が立ち並び、毎年100万人の来場者で賑わいます。

 

中々手が出しにくい価格帯の窯元もこの日ばかりは、大セール。

陶磁器をとてもお値打ち価格で購入することができます。

超高級品からリーズナブルな食器まで、幅広い世代に愛されており、

今でも毎年若手の作家さんが誕生しています。

外国の方にとっては、日本の焼き物とお祭りの文化を一度に楽しめるとてもお勧めのイベントです♪

開催日:毎年4月29日~5月5日
場所:町内一円 ※主にJR有田駅~上有田駅周辺
お問い合わせ:有田商工会議所 TEL:0955-42-4111

 

 

旅のスペシャリスト
今年の有田陶器市は既に終了いたしました。

行きたかったのに・・・と言う方、ご安心ください。

趣きは違いますが、実は秋にも陶磁器祭りが開催されています。

今年の開催は、平成30年11月21日(水)~25日(日)となっています。

 

第14回秋の有田陶磁器まつり
開催日:平成30年11月21日(水)~25日(日)
場所:有田町内各所
今年の秋は、明治維新150年を記念して、有田町でも『明治有田偉人博覧会』と題し、明治期に有田で活躍した偉人を顕彰するイベントが開催決定!

 

嬉野町から有田町へのアクセス方法!

 

アクセス方法

前回の記事で紹介した嬉野町からの最終目的地の有田町へのアクセス方法をご紹介します。

嬉野市から有田町へは、長崎県の波佐見町をとおり、車でアクセスする方法が便利です。

カーナビでは、西九州道路を案内されるかもしれませんが、下道で一直線となりますので、間違って利用しないようご注意ください。

長崎県波佐見町

 

実は、嬉野市から有田町へ向かう通り道でもある波佐見町は、長崎県の有名な焼き物の町です。

白磁の美しさから最近若い世代を中心に注目されており、東京都内の高級なレストランでも使用されています。

大学生・りょう君
波佐見町では陶器市は開催されていないの?
旅のスペシャリスト
有田陶器市と同時期に開催されるので、白磁に興味があったら行ってみよう♪

絶対外せない有田町の観光スポットを紹介!

 

陶磁器の歴史と文化の集大成『佐賀県立九州陶磁文化会館』

 

まず、外国の方へお勧めするのは『佐賀県立九州陶磁文化会館』です。

特別企画展期間中は有料ですが普段は実は”無料”!

こちらは日本の陶磁器好きな方、そして外国の方は大変喜ばれます。

中でも”柴田コレクション”には感動されると思います。

大学生・りょう君
柴田コレクションって?
旅のスペシャリスト
柴田夫妻コレクションは、柴田明彦さん夫妻が平成2年から平成15年までの間に寄贈した1万点を超える有田焼のコレクションのことよ。
有田の磁器が網羅的・体系的に収集されており、とーーっても貴重な為、国の登録有形文化財(美術工芸品)に工芸部門の第1号として登録されました。
要するに、このコレクションを見ると、有田焼の全てがわかるといっても過言じゃないわけね ♪ 

詳細は、ホームページをご覧ください。

(今回はホストファミリー、ホームステイ記事のため、有田町、有田焼、柴田コレクションの詳細についてはまた別の機会に記事にしたいと思っています)

 

佐賀県立九州陶磁文化館
所在地:
〒844-8585 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100−1
電話: 0955-43-3681
開店時間: 9:00

創業1804年の歴史と現代の融合『アリタポーセリンラボ』

 

アリタポーセリンラボをご存知でしょうか?

最近、パリ、東京の伊勢丹新宿、大阪の阪急、福岡の岩田屋やヒルトンに店をかまえ、世界に躍進している窯元です。

創業1804年の歴史を誇る有田焼の老舗窯元、七代目弥左ヱ門が200年の伝統と現代の感性を融合させ誕生させた有田焼。

モダンブランドでもあるアリタポーセリンラボさんでは、こちらを購入しました。

 

一味違った有田焼を外国の方に紹介しても喜ばれるかもしれません。

大学生・りょう君
僕がイメージしている有田焼と違うね!
アリタポーセリンラボ旗艦店
佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3
TEL:0955-29-8079
営業時間:11:00 – 20:00
定休:火曜日

有田焼のショッピングモール『アリタセラ』

有田陶器市の時期以外に有田を訪れるならばお勧めするスポット「アリタセラ」。

ここは、有田焼専門のショッピングモールで以前は有田陶器の里プラザ有田焼卸団地と呼ばれていました。

年中無休で主要商社22社が出店しており、駐車場、レストラン完備で有田焼のお買い物を楽しむには最適です♪

こちらは、購入したグラスです。

海外の方のウケも良く、料理好きの海外の友人は夢中でたくさんの食器をレジに運んでいました♪

アリタセラ / Arita Será
(旧 有田陶磁の里プラザ)
〒844-0024 佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351番地170
TEL:0955-43-2288 FAX:0955-43-2289
営業時間:9:00〜17:00 年中無休

今回は記載できませんでしたが
深川、香蘭社も有田を代表する焼き物になります。

全国の百貨店でみかけるブランドが有田にはたくさんあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、外国の方に日本の文化を知ってもらう為に最適な、「有田焼」の魅力やお勧めスポットをご紹介しました。

近年、昔の技法に囚われず若い世代が新しい感性で、新しい有田焼を生み出していっています。

ただそれは、昔からの伝統が無くなるわけではなく、さらにその伝統をより深いものとしていってる気がします。

まだ、有田陶器市に行ったことが無い方は、友達や外国の方を連れて行ってみてはいかがでしょうか?

それでは、良い旅を~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です